タラバガニ ギフト

父直伝のタラバガニの選び方

新潟の実家にいる時、大晦日は必ずタラバガニを食べると決まっていました。昼間にたくさんの人がごった返す地元の市場に行き、父が吟味に吟味を重ねて選んで購入したタラバガニを夕食に紅白を見ながら食べるのですが、

 

 

いつもめちゃくちゃおいしかったです。


結婚とともに上京し、今度は自分がカニを買おうと魚屋さんに行ったのですが、選び方を全く知らず、とりあえず買ってみたものの、味が薄くてあまり美味しくありませんでした。父に電話でタラバガニの選び方を聞いたところ、

 

 

教えてくれたポイントが3つあります。

  • 1つは足が太く、色が鮮やかな赤色であることです。大きく成長している方が味が濃くて美味しいらしいです。
  • 2つ目は重みです。同じ大きさでも、ずっしりと重い方が中身が詰まっているとのこと。
  • 最後は殻が硬いことです。脱皮直後で、殻がフニャフニャだと、中身も未成熟で美味しくないとのことです。

翌年、この3つを気をつけてタラバガニを購入したら、とっても美味しいタラバガニを購入できました!